サラリーマンがネット副業を行う前に知っておくべき事

近年、サラリーマンとして真面目に仕事を頑張っているにも関わらず、なかなか給料が上がらず不満を抱いている人が少なくありません。

ですがもっと給料の高い会社に転職するのは難易度が高い上に、人間関係がリセットされるといったリスクも背負う事になるのです。

だからこそ給料に対する不満を転職ではなく、副業を行って補おうとする人が増えています。特にネット副業という形であれば、空いた時間に自宅で行う事が可能であり、サラリーマンにとって魅力的です。

ただしサラリーマンが副業を始める前には、必ず確認すべき事があります。
それは会社の就業規則で、副業が禁止されていないかどうかをチェックする事です。
教師や警察官といった公務員が副業を禁止されている事は、有名な話だったりします。

ところが実は一般企業でも、業務上の情報漏洩を防ぐ等の意味合いで就業規則によって副業が禁止されているケースもあるのです。しかも副業が禁止されているにも関わらず行ってしまい、それが発覚すると最悪の場合、会社を辞める羽目になるので注意しなければなりません。

もっともネット副業であれば、自宅でこっそり行えるので会社にバレる心配はないと甘く見る人もいます。ですが残念ながら、副業の収入が増えると確定申告を行う事になり、税金の金額で会社にバレる可能性が高いです。だからこそ就業規則で副業が禁止されている場合は、ネット副業でも行わない事をおすすめします。

更にサラリーマンがネット副業を行って稼ぐ様になると、自分で確定申告を行う必要がある点も覚えておくべきです。
会社の給料に関しては、会社側が申告を代わりに行ってくれるので行う必要はなかったりします。

ですがネット副業は会社とは無関係の収入であるため、自力で申告を行う必要があるのです。とはいえネット副業で収入を得たら、必ず確定申告が必要になる訳ではない点も知っておくべきです。

サラリーマンがネット副業の収入で確定申告が必要になるのは、年に20万円以上の収入があった時に限られます。それ以下の収入の場合には、申告する必要はないです。
もっとも年に20万円の収入を超えれば必ず申告すべきかと言うと、それも違います。

ネット副業でも必要経費を差し引く事が可能です。具体的には年に21万円の収入があっても、必要経費が2万円程掛かっていれば差し引き19万円の収入なので、確定申告は必要なかったりします。特にネット副業の場合、ネット使用料や接続料等も経費として計上出来るので、覚えておくべきです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする