特商法を違反せずに取引を行う必要性

せどりや転売はルールを守って行おう

最近ではネット副業としてせどりや転売がありますが、特商法を理解し違反をしないよう取引を行う必要があります。
インターネットで取引をするときは仕入れと売却がありますが、特商法では商品や売り手の情報を詳しく紹介することが必要です。

せどりや転売は売値と仕入れ値の差額で利益を出せますが、信用を失えば悪い口コミや評判を流されて稼ぐチャンスを失うことになります。

商品に関する情報はホームページで写真付きで紹介し、トラブルがあれば返金をすると約束をしないと信用されないためごまかさないようにすることが大事です。

販売元の情報は住所や電話番号、メールアドレスなどを明記し、トラブルが起きても問い合わせができるようにしないといけません。

仕入れをするときは海外の通販サイトを使えば安くなりますが、日本語に対応しているか確かめて利用すると安心できます。

ネットショップを開くときは意識しよう

最近ではネット副業としてネットショップを開き、仕入れたものや自分自身で作ったものを売って稼ぐこともできます。
商品を紹介するときは写真付きで詳しく説明し、ホームページの閲覧者に興味を持ってもらえるようにすると効果的です。

ホームページに記載する内容は売る商品だけでなく、運営者情報を詳しく紹介する必要があります。
運営者情報は住所や電話番号、メールアドレスを明記し、特商法を守っていることを紹介しないと利用してもらえないことが多いです。

特商法は消費者庁がトラブルを防ぐために設定し、違反をすれば相手の信用を失うことだけでなく発覚すれば処罰されて無意味になります。

信用されるように取引をしよう

特商法は安心して取引ができるように定められ、せどりや転売ビジネスをする前にきちんとカクニンする必要があります。

仕入れや売却は手間がかかりますが、より多くの人に利用してもらえるようになればやりがいがあります。信用されるためには特商法を守ることだけでなく、利用者のニーズに応えて仕入れると買い手がつきやすくて効果的です。

利用者のニーズはSNSを使って情報を交換し、相手が求めている商品の特徴を知ると仕入れるものを選ぶきっかけになります。
せどりや転売は差額で利益を出せますが、継続して売れないと在庫を抱えて無駄になるため信用されるようにすることが大事です。

特商法は仕入先を選ぶときに表記があるか確かめると安心でき、売り手に信頼されるようコミュニケーションをすると継続して稼げるようになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする